モツは食べられません

不安神経症、鬱気味、人間不信で人間嫌い、コミュニケーション能力が低い女の愚痴・吐き出しブログ。貯金なしで借金あり、底辺で生きてる女。

子どもの頃の環境がおよぼすもの

TSUTAYAで「クリミナルマインド」を借りてきて見ている。


アメリカのテレビドラマ。異常犯罪とその犯人が毎回出てくるんだけど、


犯人は大抵、子どもの頃の生活環境や親との関係から精神に異常をきたして犯罪を犯す、ってパターン。


やっぱり親との関係と家庭環境は一番大事な訳?

それが人間(大人、またはその人自身)の基盤を作ってるの?



だとしたら、私なんかとっくに犯罪おかしてそうだけど…


とまではいかないけど、なんか悲しくて虚しくなる。


明るく健康で(肉体も精神も)普通に、

ごく普通でいいから、幸せな人間になれなかったの?私?


親の口癖、親の生活基盤、親の財政状況、親の人間としての成熟度。


全てが今の自分に影響してて、そこで自分が出来上がっちゃってる気がして。


少しでいい、

親の「愛情」を感じられる人間になりたかったよ。

というか、愛情欲しかったね。


帰ってこないで、って言う親の元になんか産まれたくなかったよ。


拒絶、拒絶、拒絶、批判、否定ばかりだった。



いつでも帰っておいで。

そう言われてみたい。



どんなに自分を受け入れて欲しかったか、

今さらそんな事考えてても仕方ない。


あの人達は他人なんだ。


あの人達から産まれたけど、他人なんだ。



忘れよう。


向こうだって私を嫌ってるんだから。



私は人との縁が薄い人間だと思う。


人、他人、生き物全て。


それは、育ちが影響してるんだな、って思う。



そう思いながら、このドラマを見てる。


虚しいし後味悪いけど、最後まで見る。