モツは食べられません

不安神経症、鬱気味、人間不信で人間嫌い、コミュニケーション能力が低い女の愚痴・吐き出しブログ。貯金なしで借金あり、底辺で生きてる女。

貧乏人の思い

今日昼間に、久しぶりに妹からメールがきてました。


(仕事始めたんだってね、どう?) みたいな…



あぁ、今日はものすごく疲れてて、そしてこのメールか… と思ったけど普通に返信はしました。


まだ気疲れと慣れない状況の疲れの中、頑張ってます、と。


はぁ…



妹の旦那は去年えらい出世して、それはそれはおめでとう良かった良かった、な感じで皆が喜んで(両親、もう1人の妹夫婦、他、もちろん私もおめでとうは言いました)



じゃあお祝いしましょう、

どこか行きましょう、○○のリゾートホテルとかいいんじゃない?

のんびり(贅沢)しましょう、みんなで!


という話を出すのはいつもの毒母です。


去年のその頃、私達は、愛猫が大変な事になってる最中で、

私は微々たる貯金を全ておろし、解約出来る保険を全て解約してお金を作り愛猫のために使い、さらに金策に奔走し、


愛猫のために奔走していて、でもそれは当たり前の事で、


それでも私は精神安定剤を飲みながら戦ってるような日々でした。


そんな中の(とりあえず家族?)出世の事はもちろんおめでたい事だけど、

今の私達にはちょっと無理だよ、

猫置いて行くことは出来ないし、

リゾートホテル代や交通費すら大変。気持ちの余裕もない。

出世して更にお金持ちになったのに、この貧乏な私達もお祝い出すの?!無理だよ、無理だよ、


と心の中で泣き叫んでました。


というより、私は愛猫の方が大事でした。

そんな家族より、私は私の大事な家族を守る事が大事でした。

それって間違ってるのかな…


彼らには (たかが猫に、そこまでして何で?) でした。

はっきり言われたし。


それでも結局、訳を話し気持ちを話し状況を話し、行くのは(丁重に)お断りしたんですが。


たかが猫に… と半ば呆れたように笑いながら言ったあの人達のその言葉。

そんな事より、祝い事なんだから来なさい!みんなで祝うんだ!と最後まで怒ってた毒母。


私の、愛猫に対する気持ちは理解してもらえませんでした。

理解しようともしてなかったな。




なんか、今日の妹からの短いメールだけで、そこまで思い出してしまって、

今日はほんと、私もう無理死ぬわ、と思いながらグッタリしてとぼとぼ帰ってきました。



妹はその時の事を責めたりしないけど(一緒にリゾートホテルでお祝いしなかった、的なこと)


毒母は、いまだに言います。


みんなで揃ってお祝いしなきゃいけない場なのにね~

貴方達夫婦が来なかったからね~


愛猫を失ってから言われた言葉。

一番悲しくて死にたい時に言われたのがコレ。


今年、2回言われました。

(それ以外会ってない)

この先ずっと言われるんだろうと思います。



私は本当にこの人達から産まれてきた人間なんだろうか。

私もこんな言い方したり、こんな考え方をする人間の血が入ってて、

こんな人達に似てる、なんて思われる時があったりするんだろうか。



あぁ眠る前に又、鬱に落ちる事ばかり思い出して考えてしまいました。


お金欲しいなぁ。

あー…お金持ちになりたい。


色んなこと忘れるため、色んなこと許すため、色んなことで私を慰めるため。


ささくれだつ気持ちのまま寝ます。


おやすみなさい。